TOP     
残暑お見舞い申しあげます。

お盆も終わりです。広島、長崎の平和式典も例年の如く、終戦記念日となり連日、第二次世界大戦時の映像がTVで流れます。人類ホモサピエンスは何も学ばなかったし今も世界のあちこちで悲惨な出来事が日常のようにおこっています。私も何も学べていません。ただただ竹を切り、繋ぐ日を過ごしています。手を動かしつつ頭は色んな事、異常気象、憲法、原発、貿易摩擦、格差、日本の人口減等々世間と向かいあうべき考えています。でもただ考えるだけですね。

植物で作品を創るのは今の私を自己確認する為、発表するのは私自身を説明する為そして納得してもらうという、いわば自己顕示欲の塊みたいなものですね。おかげで身体はガタガタ、手、腕はもはや限界ですが、制作の先がまだまだ見えてこない。私とアシスタントは1日の休みも取らず働いているのですが。

 

この猛暑の中、2房の藤の花が咲きました。狂い咲きというのでしょうか。いつも春先に刈り込まざるを得ないので初夏に咲く事が出来ない藤です。いつか咲いてやるという藤の意地を見た気がします。私も狂い咲きと言われても咲いてみたいものです。まだまだ暑さが続く中、皆様ご自愛下さい。

 

夏空をバックに咲く藤の花。(わかりづらいですが)

 

ノコギリで切った竹。やっと3分の2位のところです。17本使います。

| - | - | - |
猛暑お見舞い申し上げます。

厳しい暑さが続いております。また先日の大雨の被害には心が痛みます。心よりお見舞い申し上げます。

私の生徒さん達も被害にみまわれ、また無事だった人達もその後の復旧手伝いなど猛暑の中、大変な作業をなさっておられます。明日からその被災地に数日出掛けて行きます。花が何の意味を持つのかわかりませんが束の間の安らぎを感じていただければと思います。

このごろの日本は本当に変ですね。大雨、地震、噴火、猛暑等、天変地異が何か怖くなります。

東京はお盆休み、その間私は秋の個展にかかりきりです。遅々としてはかどりません身体が痛くてたまりませんが、世の中の事に心が痛みつつも私に出来るのはこれしかないと改めて感じています。世の為になど全くなっていないのは承知ですが、これしかないのですね、私に出来るのは。

小さな庭の植物達はこれまた世の中に関係なく自然に移り変わって、すっかり夏です。昨年植えた桔梗が元気に咲きそろっています。

まだまだ暑さが続くと思いますが皆様どうぞご自愛下さい。

 

夏の庭

 

一重、八重各4色あります。

 

グリーンケール

 

水引草

| - | - | - |
旧岩崎邸での二人展やっと終わりました。

搬入日、搬出日も雨降らず、会期中もこの時季にしては寒い位で花の保ちも良く無事終了しました。原さんも私もグッタリ疲れていましたが何とか最後までもちました。私にとっては生の花の展示会は30年振りでいけばなの方には写真以外で初めて見ていただきました。多勢の方々とお会いする事ができ、本当に良い機会に恵まれたと思います。今回は昔、人が暮らしていた場という事で敢えて装飾的な中に今の自分が出せれば良いと思っていましたが結果、自分なりに気に入ったものは2点ぐらいでした。床の間は材料に負けました。いけ直しができなくて、悔しい結果でした。それでも毎日変化する芭蕉は生きている感がしました。同じ材料でもう一度という事はできないのが花の世界ですね。花をいけるって難しいと今更ながらに思い知りました。まだまだ勉強ですね。

ご来館いただいた皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。

お手伝いしていただいた方々に感謝申し上げます。併せ場を提供して頂いた旧岩崎邸の関係者の皆様にも感謝申し上げます。

 

明日から出張です。時の流れが速いです。関西方面にも行きますが、今日の地震で大丈夫だったのか生徒達が気にかかります

 

今回展示した作品の一部です。

 

| - | - | - |
旧岩崎邸にて二人展のご案内を致します。

さて6月15.16.17日と重要文化財になっているジョサイアコンドルで有名な旧岩崎邸で小原流の原明子さんと二人展を催す事になりました。彼女とは約50年にわたるお付合いです。現代いけばな展に初デビューする時から、この世界でずっとお世話になってきました。フラワーデザイン、いけばな、アート、とクロスオーバーするような今の私があるのもある意味、彼女のおかげだと心より感謝している方です。

 

 

私のスケジュールの都合でこの開催時期となりましたが、花の無い時期、休館日がなく(公開搬入)、重文の為気を使う事が多く、9:00〜17:00の時間制限があり等々とても難しい条件です。しかも私にとって他の方に生の花を見ていただくのは初めてみたいなもので何とも悩ましい花展となります。準備もこれからです。器もあるもので、花は手に入るもので必死で楽しみたいと思っています。お忙しいと存じますがお立ち寄りいただければ幸いです。雨が気になります…。

今日は母の日、フローリストの皆様お疲れ様です。私も5月1日から休みなく11月の個展の準備、制作をしていました。小さな庭はもう夏の気配です。

 

墨田の花火があちこちに。

 

ドクダミ。可愛いです。笹ユリの新芽みたいなものが出てきましたが10数年前に消えていたのですが期待!!

 

キンポウゲ科と思いますが自分で植えた花の名がわかりません。誰か教えて下さい。

 

イタリアンパセリの花

 

| - | - | - |
ゴールデンウィーク

世の中、ゴールデンウィークというものになりました。生徒さん達は皆さん忙しいので私のスケジュールはぽっかりと空いています。毎年の事です。

暇かというと真に逆です。この間は集中して作品作りができるのでとても忙しい日々となります。すでに11月の個展へのスタートはきりました。過去最も大変になりそうで、既に体は悲鳴をあげています。予定では個展2回分の量になりそうですがこんな事ができるのは多分最後になるかと思っています。

更に今年は6月に旧岩崎邸で原明子さんと二人展を催す事が決まっています。その準備を並行します。生の花をいける展示会はほぼ初めてで少々焦ります。真面目に花と遊びたいです。展示会のご案内は母の日あけに致します。

前回のブログから今日まで東京を留守にしておりました。小さな庭はまさに夏です。バラは咲き、シャクヤクはもう散ろうとしています。昨年植えた桔梗の新芽が一杯です。モミジの新芽が目に眩しい位です。小さな庭が一番大きく見える季節です。

先日出張中の一日が空いたので琵琶湖をレンタカーで一周してきました。休み休みで7時間かかりました。野鳥も観察しました。柳の上部に鳶が抱卵していました。鳶を見るのは久しぶりです。子供の頃は実家の松林でよくみかけましたが今は皆無です。日本の原風景を思い出しました。日本の文化に大切な事を大人はもっと大事にして若い人に何とか伝え残したいものですね。死語になっているに日本語があまりにも多くなっているのが気になるこのごろです。

 

石山寺

 

琵琶湖 水中に立つ柳の一種。

 

琵琶湖 小さな柳の島にトビの巣が。

 

琵琶湖 竹生島

 

満開のシャクヤク(元はボタンで親木が残りました。)

 

赤バラ(元はスタンダード仕立ての黄バラでしたが親木が成長しました。)

 

白バラ 香りがいいです。

 

キキョウの新芽の群れ 夏が楽しみ。

 

小さな庭は夏真っ盛り。

| - | - | - |