TOP     
小さな庭の一本のしだれ桜

このしだれ桜は5年前小さな苗木を植えたものです。

当初は継ぎ木だとわからなかったのですが成長するにつれて継いだ部分が目立ってきました。昨年までは花が咲いていたのですが今年は変だなと思っていたところ継いだ上が枯れてしまっていました。親木の部分は新芽が出ていますがどんな桜かまだわかりません。上の方が太くておかしな姿だったのですが。

私、この桜を見てふと考えこんでしまいました。

親木が私の先人達で枯れてしまった上の方が私だと考えると、ただごめんなさいと思うしかありません。私に栄養を与えて下さった方達に咲く事ができませんでしたと謝るしかないなと。

ひるがえって私が親木であるとすると、私は後の世代の人達に何も残せなかったと。これまた反省と後悔です。何がいけなかったのでしょう?

継ぐという発想がいけないのでしょうね。種まきをおろそかにしてきたのかもしれません。何かを伝えるという事は難しい事です。まあ伝えるべきものを持っていたとしたらの話ですが。

暖かすぎる春の陽射しの中で相当ブルーな気持ちです。

寝室の窓の外には今年も吉野桜が満開。ベットの上でのお花見です。なぜこんなに必死に咲いているのかなと思いながら。心が相当ディープですね。

フローリストの皆様年度末頑張って下さいね。

 

上部枯れてしまいました。

 

継いだ部分。

 

出張から帰ってくるまで待って咲いてくれたカタクリ。

 

遅咲きの水仙、良い香りです。

 

美味しそうなキボウシの新芽。

 

寝ながら花見の吉野桜。

| - | - | - |