TOP     
あっという間に5月ですね。

今日は5月2日。

4月が思い出せない程、昔の気分です。年度が変わり、アシスタント君も変わり…と只々忙しくしていた気がします。

花見はしたかな?と写メを見ていると、京都のレッスン後生徒さん達と教室近くを歩いていました。雨上がりでしっとりした桜でした。

疎水の桜

 

花キューピットさん主催、フラワードリームでのジャパンカップの審査を今年も務めさせていただきました。毎回気持ちが落ち込む程しんどいお役目なのに…。きっと新しい才能と出会いたいと思う気持ちが強いせいでしょうか?コンテストってある年代では必要と思います。競う事、良きライバルと出会う事、憧れを現実と見据える事等々…翻ってコンテストは不条理であり、非情でもあります。

較べる事が本当に必要かと思ったりします。個性を較べてどうするんだと。私は技術はあって当然と思う方なので。独創性といっても今や幻想みたいな気がするし、(実際自分自身が自分の作品を独創性があると思わないので)アイデア勝負は若い人達であればそんな気になりませんが、これも下手をすると上手くてもアトラクションに見えてくる事があるし審査するって大変しんどい事ですね。

審査員自体も各々の花への感性、人間性を問われていて自分が審査されている気がします。

このコンテストの翌日、再び京都へ。レッスン後2日程体が空いたので久しぶりの京都観光してきました。1日目は小雨の中、萌葱色から新緑に移り変わる季節。やっぱり京都って良いなと思いましたね。スタジオから徒歩15分圏内を半日歩きました。大抵は人で溢れかえっているのにほとんど人のいない静かな午後でした。ここ数年人の多さにうんざりで歩いていなかったのですが、やっぱりいいですね。原生林って暴力的だし、人の手が程よく入って、より自然が身に沁みる感じがいいです。これって花をいけるのと同じだなあと思います。

2日目はレンタカーで北山の方へ。高雄の神護寺の薬師如来様を拝みたくなり階段を覚悟して登ってきましたが、(約50年ぶりです)キツかったです。

閉門ぎりぎりで本堂へと急ぎましたが最後の石階段にとどめをさされた足腰でした。閉まりかかった本堂で親切なお坊様に御本尊の真前まで案内してもらいましたが私の最初の一言は「えぇこれってイメージと違う」でした。50年前の印象で全く違うと言う私に10年前からライトアップしているのでライトをお消ししますと穏やかなお坊様。わざわざ消しにいって下さいました。「これです、これが私の好きな如来様です。」と私は年がいもなく叫んでました。まあほとんど真っ黒な物体に見えるのですが妖艶なお姿です。50年って一瞬だなと思いました。私、花の道に入って今年50年になります。

一人の人間にできる事って無に等しいなと思ってみたり、人生って短いなと思ってみたり、永遠の中にこの一瞬があるんじゃないかと思ってもみたりで新緑の山の中でちょっと哲学?してきました。

今日は6月のグループ展と11月の個展の作品を同時制作です。

14日、母の日まで制作三昧です。一瞬だって大切は大切ですよね。

フローリストの皆さん母の日頑張って下さい。

南禅寺の山門から

 

南禅院の庭園。 広くないのに広いです

 

南禅寺の中のお寺さんの落ち椿。椿って逆さに落ちるんですね。

 

同上。狭いのに美しい。

 

神護寺本堂への最後の階段。

 

神護寺から見下ろす清滝川の渓谷。もうこの場所に来れそうも無い。

| - | - | - |