TOP     
猛暑見舞い申し上げます

 

猛暑見舞い申し上げます。

 

本当に暑いですね。

それでも庭を眺めるとほのかに秋の気配がします。

あっという間の1ヶ月でした。

ルーティンの仕事をしつつ、空いた時間はひたすら山桜の玉響づくりに没頭してます。

エアコンの室内でも相当な汗がでます。

体中痛くて、悲鳴あげています。

やってる時は何とか体は動いてくれますが後がたまりません。

湿布だらけで寝ています。

でも何か楽しいです。

60儺蕁100kg超えが後2つ。

去年の年末からひたすら削ってきました。

荒削りしてくれたアシ君に本当に感謝です。

丸太から球体を削り出すだけの事なのですが全く目の感覚だけで、計測すらしていませんので見ため球体ですがいびつといえばいびつです。

自分では山桜の魂を形にしている気分です。

仏師が木の中に仏の姿が浮かんで彫り出すのとだいぶ違うと思うのですが、気持ちは似たようなものとかってに思っています。

私、彫刻家ではないので許してもらいます。

ただ削る。

それだけです。

いけばな作家でよかったです。

個展は11月の2日から2週間、時間ありそうでありません。

案内状の撮影が9月上旬、他の作品も一応用意しなくてはなりません。

お盆休みなんて全くないです。

でもこれって作家として幸せですよね。

 

7月中旬、小原流のマイいけばな展で審査、講評させていただきました。

自分の言葉の無さに悲しくなりました。

でもこんなに時間をかけて出展者の方々の作品を細部まで拝見した事は私にとって良い時間だったと思います。

 

7月上旬マミフラワーの後輩の中家匠さんの出版記念パーティーに出席しました。

巻頭言を書かせていただいております。 

力作揃いです。

おすすめします。

この作品集のお問い合わせはTEL/FAX052-231-2004 「窓花」にして下さい。

 

ダウンしそうでダウンしない。

そんな年月をずーっと続けてきましたが、流石に体力勝負の作品はもう無理そうです。

が、限界点は天のみぞ知るです。

皆様、もう限界だと思ったらもう一歩頑張ってみて下さい。

もしつぶれたら?責任は取れませんがそれは運命というものでしょう。

 

今日は広島原爆の日です。

悲しい人間の歴史を思い起こす日です。

| その他 | - | - |