TOP     
春一番お届けします

春一番お届けします
冬枯れの小さな庭も春の花が咲き始めました。
梅は暖冬の1月上旬に咲き終り、今は三ツ又が満開、
レンテンローズは元気一杯でたくさんの花が咲いています。
福寿草は出遅れ気味でポツポツ咲き始めです。
ヒヤシンスは一ヶ所だけ咲きました。
後はこれからです。水仙もあと少しです。
忙しさにかまけて掃除がいきとどきません。
植物は凄いですね。その時季にあるべき姿をみせてくれます。
人間もそうでありたいものです。




展示の見通しもたたないまま、連日山桜を削っています。
そのチップを煮出して作った染液で桜染めにチャレンジ。
試行錯誤の結果とりあえず完成しました。
約10種類のシルクに染めたのですが、淡いピンクから濃いピンク。少しピンクがかったクリーム色から赤茶まで、染液の関係からか同じ色は出せませんでした。
触媒は椿灰で全て天然素材を試みました。
椿灰の上澄み液に浸し、洗い、染液で煮染、再び洗い、乾かし再度椿灰の液に浸し、洗い乾かし二度、三度同じ事の繰り返しでした。
同じ色はでませんね。だって私、素人ですから。
この後、鉄を触媒にしてグレーの濃淡にチャレンジです。
この布で何を制作するかまだまとまっていません。
色んな事を考えています。
煮出した後の桜のチップも中々きれいで
もちろん取り置きです。
削りあがった球体、やっぱり桜は迫力あります。
途中経過は次回のブログで見ていただきたいと思っています。







 
| - | - | - |