TOP     
個展一周目が終わりました。

搬入前夜まで制作に手間取りましたがなんとか無事開催いたしました。この一週間毎日通っています。何より嬉しいのは1年ぶりに懐かしい人々とお会いできた事です。1年間元気だったねと互いを確認する為の展示会となっています。来年もまた来ますと帰られる人を見送りながら来年もやれるかなと、内心は少しの不安があります。が、やる気は充分にあります。ただ身体が動くか心配です。まだやるのと言われる方も中にはいらっしゃいます。動く手があるかぎりやりたいと思う私にとっては、少々心外でもあります。

案内状には載っていない作品を少々紹介します。2020 TOKYO用の作品をつくりました。凄くシンプルでデザイン的でギャラリーの奥に飾ってあります。竹の形にはこだわりました。私の本質的な感覚を解放した気分です。反対に見ため凄く重いものもあります。これも私の本質ですね。竹屑で作ったハート、タイトルは This is my will. willは意思ではなく遺言という意味です。見た目は現実の私の心と身体を表現しているみたいですが、作家というだけでなく人間としてどんな状態になってもやれる限りの事はやっていこうね、という思いで作りました3ヶ作りました。2人の方に私の遺言を受け取っていただきました。

SNS等でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、ぜひご自身の目と感覚で実体験していただきたく思います。後一週間、ご来廊下さいますよう切にお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | - | - |