TOP     
2014年3月、4月に掲載される雑誌のご案内
公益社団法人NFD 花ファッション春号  人気デザイナーの引出しVol.4

フローリスト4月号 花コミュニケーション JFTD学園日本フラワーカレッジ

マミフラワーデザイン フラワーデザインライフ3月号 artistnow

以上3誌にて掲載されます。

是非ご覧になっていただければ幸いです。
| 書 籍 | - | - |
松田隆作 作品集「SUITE:IKEBANA AS LIFE」が発刊されました。
 2013年9月30日に美術出版社「求龍堂」より「SUITE:IKEBANA AS LIFE」日本題「いけばな組曲」を発刊いたしました。

できあがりを見たのは私もサインを行った時でしたが、
とても素晴らしい本ができたと思います。

すべての本に本人直筆のサイン
オリジナルドローイングが付いております。



販売は当ホームページでも承っております。

詳しい本の紹介 お申し込みはこちらの記事をご覧下さい。




また下記書店でも販売をしております。
紀伊國屋書店 札幌本店
加藤栄好堂 美原店

紀伊國屋書店 仙台店

文真堂書店 ブックマンズアカデミー 高崎店

文真堂書店 ブックマンズアカデミー 前橋店

ブックファースト ルミネ川越店

紀伊國屋書店 川越店

青山ブックセンター 本店

八重洲ブックセンター 本店

丸善 日本橋店

丸善 丸の内本店

紀伊國屋書店 新宿南店

教文館

MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店

オリオン書房 ノルテ店

ジュンク堂書店 池袋本店

ジュンク堂書店 吉祥寺店

リブロ 池袋店

紀伊國屋書店 新宿本店

三省堂書店 神保町本店

あおい書店 川崎駅前店

丸善 ラゾーナ川崎店

大塚書店

たらば書房

美大 相模書房

川上書店 ラスカ書籍館

朗月堂 本店

ジュンク堂書店 甲府岡島店

文苑堂書店

戸田書店 静岡本店

ジュンク堂書店 名古屋ロフト店

夢屋書店 アピタ稲沢東店

夢屋書店 長久手店

大垣書店 イオンモールKYOTO店

三省堂書店 京都店

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

ジュンク堂書店 大阪本店

紀伊國屋書店 梅田本店

ジュンク堂書店 難波店

紀伊國屋書店 高槻店

ジュンク堂書店 三宮店

喜久屋書店 北神戸店

ジュンク堂書店 明石店

ジュンク堂書店 西宮店

今井書店 グループセンター店

丸善 岡山シンフォニービル店

ジュンク堂書店 岡山店

喜久屋書店 倉敷店

MARUZEN 広島店

ジュンク堂書店 広島駅前店

紀伊國屋書店 広島店

MARUZEN 広島店

ジュンク堂書店 松山店

ジュンク堂書店 福岡店

丸善 博多店

リブロ 福岡天神店

紀伊國屋書店 福岡本店

蔦屋書店 熊本三年坂店

ジュンク堂書店 鹿児島店

ジュンク堂書店 那覇店
| 書 籍 | - | - |
SUITE: IKEBANA AS LIFE <いけばな組曲>

新刊作品集 予告

2013年9月30日に美術出版社「求龍堂」より「SUITE: IKEBANA AS LIFE」日本題「いけばな組曲」を発刊致します。

タイトルの意味は私のやり方、私の在り方としてのいけばなという事になるでしょうか。
SUITEは組曲という意味です。全6章で構成されていて、求龍堂の担当の方の「根底には同じテーマ、コンセプトが流れているのがよく解りますね。」というお言葉で組曲としました。2年間にわたって撮り下ろしたものが半分くらい、時間が足りなかった事は否めませんが、できるだけ今の私を表現してみたかったのです。ここ5年くらいの作品と思い出深い作品で半分くらいでしょうか。

求龍堂の花の本といえば、どなたも故 中川幸夫先生の素晴らしい作品集を思い起こされるでしょう。その本を手にした時、いつか自分もこんな作品集を出してみたい、でもそれは夢のようなもので現実には起こりえないと思っていました。まさか私が出版させていただけるなどと、それこそ夢にも思ってもいませんでした。その夢を現実にして下さった方々のご尽力に心から感謝しております。
私は不安でした。しかし求龍堂のスタッフの方々のいい本を作り上げたいという情熱、私の文章を隅々まで読み、正しく理解し校正して下さった編集者の熱意と激励。フォトグラファーの方々のご厚誼等、本当に大勢の皆様に支えられての作品集となりました。チームとしての作品集であり、プロの皆様のプライドが込められた本だと思います。それぞれが100%以上の仕事をして、ひとつの本が出来上がるのです。さて、果たして私は100%以上の仕事をしたでしょうか? 努力はしました。今はそれしか言えません。

高額な本をお求めいただく方への私なりの感謝として、特別に漉いてもらた和紙に、発行部数分のドローイングを一枚お付けしています。すべて肉筆です。テーマは玉響(たまゆら)、縁(えにし)です。どちらも私にとっては同じ意味と思っていますが、心と心が強くとも弱くともふれあって、また心と心が濃くも薄くも重なって私達の過去はあります。それらとどう向き合うかは人それぞれでしょうが、私はただただ感謝の気持ちで一杯です。私は過去を後悔しないと決めています。自分の意思で選択していきてきたのですから。決して一人で生きてきたと言っているのではありません。たくさんの人と人と人とのつながりで今があります。 さて未来は?今この瞬間も時は流れていきます。時の流れにのってもっと変化していきたいものです。人生=表現と考える私は残り少なくなった時をもっと大切にしたいと思っています。

本の紹介として冗長となりましたが、表現者としては一人でも多くの方にこの作品集をご覧いただきたいと願うばかりです。


松田隆作
---------------------------------------------------------------------------------



 

 2013年9月30日発売 販売中!!!

 ⇒申込用紙はこちらです



-------------------------------------------------------------------------------


 
 特別寄稿: 中西 進(文学博士、文化功労者)
 文: 三頭谷 鷹史(美術評論家)
 南嶌 宏(女子美術大学教授)
 作品解説、著者年譜
 撮影:中島清一 ほか


 2013年9月25日発売
 B4変型(352×256�)
 かがり上製本 特染めクロス装夫婦函入
 総頁 256頁(カラー216頁) 
 定価 28,000円+税
 和英併記   
 オリジナルドローイング付
 *1点ずつ異なります。
 *絵柄のご指定はご容赦ください。






 
 ■本書お申し込み先■

 松田郎
 〒162-0814 
 東京都新宿区新小川町6-27-106
 Tel & FAX 03-3266-1986
 e-mail: ryuusaku_m93@hotmail.com

 ※作品集発刊次第、再度ご連絡いたします。

 

| 書 籍 | - | - |