TOP     
猛暑御見舞い申し上げます。

暑いです。あっという間に8月。広島、長崎です。もう72年!!人間本当に進歩しないですね。戦争を知らない子供達といわれた私達も年をとって青息吐息の毎日です。日本は世界はどうなっていくのでしょう?とノンポリの私もいささか心配ではあります。お盆休みも全くなく個展に向け制作です。なんでこんなしんどい事やっているんだろうと思う日々ですが、制作してさえいれば、手の痛みも近未来の色んな心配事も何とか忘れていられるのでやってます。何か逃げているようです。

 

真夏の花は元気ですね。木槿、芙蓉、百日紅等、毎年感嘆してしまいます。白の日本芙蓉の鉢、買い求めました。

夏の草花といえば桔梗。秋の七草ではありますが盛夏の花です。千葉大学園芸学部で非常勤講師をしていた頃の上司安藤教授(今は退官されて名誉教授)が東京オリンピックの為に夏に咲く日本らしい花をと桔梗を播種から育てておられ、見頃だからと農場に先日行ってきました。実に情感のある桔梗。色は5種。青紫、白、小豆色、しぼり、ピンク、各々一重と八重があります。庭に植えたところ実に美しい。庭のイメージそのままにいけてみました。何か乙女ユリをいけてる感じで何もしなくても綺麗です。とりあわせた植物は全て庭のもの。切ってすぐいけるとしっかり水が揚がります。この写真は3日目ですがススキも水引草も元気です。花の命は短いとはいえ、来年も咲くんですよね。私?来年のことなど考えられないです。とにかく今を生きるですね。

| - | - | - |
バンカートスタジオNYKでのグループ展終了しました。

御来場下さった全ての方に感謝、御礼申し上げます。実行委員の方々、本当にお疲れさまでした。

しかし、このグループ展は何だったのだろうと自問しています。確かにこの種の展示会としては入場者数が多かったのは確かでしたが、結局は「いけばな界」という大きな屋根の下であったゆえのように思えます。私のような個人がどうあがこうとあんまり変わらないなと改めて思い知りました。

まあやらないよりやった方が良いと思いますけれど。ある種のブームで終わらない事を願ってやみません。現代いけばな空白期と言われる時代にも私を含め何人かの方々はちゃんとやっていたはずなのですが…。

「いけばな界」あげてのイベントが無かっただけの事だと思うのですが。それは「いけばな界」のご事情でしょう?作家として生きていれば何としてでも発表したいと思うのが当然だと思うのですがね。

それにしても何かあっという間に終了しました。私の作品は思うところあって再挑戦したく、丁寧に搬出しました。いずれお見せできる時がある事を願っています。

と、いう訳で私はめげずに11/1~からの個展に向かって始動しています。体中が痛いけれど。昨年の個展用に準備していて結局使用しなかった木々を削っていますが更に硬くなっています。

 

カメラマンの中島さんに撮っていただいた写真をアップします。

 

 

 

 

久しぶりに小さな庭に出ましたが夏草がけなげに咲いていました。

 

ヤバネススキ他

 

 

シモツケソウ、ギボウシ、ハギ 他

| - | - | - |
バンカートスタジオNYKでのグループ展

今日、6/24~7/2まで「これからのいけばなを考える会」主催の第一回展タイトル「新いけばな主義」が始まります。

私にとっては久しぶりのグループ展、三日間の準備期間は熱気溢れていましたが…。私は二日目の午後搬入。三日目に最終チェックをして速やかに展示しました。制作は3ヶ月間時間のある限り必死でやってきたつもりですが、展示終了時にはもう次の個展に向かってスタートという気持ちの方が強くて、この展示会は私の中ではもう終わっています。肝心の作品は自分ではまあ気に入った方ですかね。静かで寂しい(みかけは)感じです。半分あの世で作っているような気分でした。最近そんな事が多いです。今日オープニングで今から出掛けます。

毎回私の展示会の搬入には多勢の生徒さんが手伝って下さり本当に感謝です。

皆様、お時間ございましたら是非お越し下さい。

私の生徒の丹羽君、金澤君もがんばっていました。

 

 

松田

 

 

松田

 

 

金澤

 

 

丹羽

| - | - | - |
竹は凄い。

処分せざるをえなかった金明孟宗竹。根っ子も全て掘り尽くしたと思っていましたが、 気付けば鉛筆、アスパラガスサイズの竹の子があちこちに。残っていた根から出てきたのでしょう。早めに気がついた物はカットしていけていましたが、留守の 間に成長してしまったのが3本。紫陽花に隠れるような物も。さてどうしましょう?この先を考えるともう一度、根っ子を掘らなくてはならないのですが時間が ないです。フェンスに近い物は切るとしても。しかし強いですね。この子達は。掘り尽くした竹は6/24~7/2のバンクアートの展示会で使うのですがまだ まだ未完成です。6/18まで出たり入ったりで制作時間がとれません。どうなるのか自分でもよくわかりません。(最近こういう事が多いです。加齢かな?) こうしている間に竹は生長していくんでしょうね。

 

追記  バンクアートNYKでの展示会中に、ダンスとチェロのパフォーマンスが催される事になりました。6/28,6/30それぞれ14:00,16:00です。入場券で観れます。因みに私は6/30受付当番の予定です。

 

紫陽花(墨田の花火)より細くて小さい。

 

細くても金明孟宗竹。

 

フェンス際の子。

 

収穫した竹の根っ子の一部。皮を削って墨を何回か塗ったもの。

| - | - | - |
Bank ART studio におけるグループ展

来たるグループ展における制作に邁進中ですが、体の痛みに堪えかねて中々進行しておりませんが、ご案内申し上げます。

 

 

期日 2017年6月24日(土)~7月2日(日)

         11:00~19:00(7月2日は16:00まで)

 

入場料 ¥1,000

 

会場 Bank ART Studio NYK 3F

   〒231-0002 横浜市中区海岸通り3-9

   URL www.bankart1929.com

 

主催 これからのいけばなを考える会。

 

タイトル 新いけばな主義。

 

 

私達、花の人間が寄り集まるとこれからのいけばなってどうなっていくのかという話になります。といっても一人一人考え方は違うと思うのですが。話してみても仕方ない。とりあえず只今現代、自分の考えるいけばなを世に問うべきではないかという事で、個々の思う新たな、もしくは心新たにして今一度いけばなを見つめ直した作品展だという主旨だと私は理解しております。

一人に与えられたスペースは5m×5m×5mHと広いです。個展サイズですね。搬入が大変そうです。通路も狭いし10mの階段はきつい!!私自身は場所が面白そうという理由のみで参加決定しました。グループでやるより個展の方が気楽なのですが、(11月1日から2週間決まっています)一人ではやれない場所だしというのが本音です。

これからの自分のいけばなはどうしていくのだという思いが強いです。他と較べてみるなんて事はもうとっくにしていません。私は私でしかないですから。後、何作できるかなと思い、必死で制作しております。お時間ございましたら是非お越し下されば幸いです。因みに私は小さな庭の竹を処分せざるを得ずその竹の全てを使います。

 

入場料に関しては私に連絡してくだされば対処致します。

| - | - | - |