TOP     
個展2週目に入ります。

長い間やっておかなければと思い続けてきた作品を何とか完成した事で気持ちはすっきりしています(身体はボロボロですが)。会場の天井が高い事はわかっていても自分のスタジオではこれで一杯でした。あと50cm高さがほしかったのですが仕方ない事です。半年間という時間はやはり作品に影響を与えているかと思います。私の念のようなものが込められているのでしょうか。まあ悪く言えばウザい作品でしょうね。それでも写真では見えないものが実物から感じてほしくぜひ足をお運びいただきたいと切に願っております。

できる限り会場に居るようにしていますが留守の間に来て下さった方にお会いできなかったのは残念で、申し訳ありませんでした。

| - | - | - |
個展搬入まで一週間。

あと搬入まで一週間となりましたが未だメインの作品ができあがりません。竹があっちへこっちへと動いてしまい大きくなり、まず部屋から出せるかどうかも問題です。ラストスパートがきかない身体が不自由です。

またこの一週間で悲しみの連鎖が多くそちらの方もきがかりです。もう少し頑張らなきゃだめです。まだ動けるのですから。

 

天井の高さが足りない。

| - | - | - |
個展のご案内。

ようやく秋めいてまいりました。

今年も個展の時期がやってまいりました。3月に竹を切り半年間やれる限りの事はしてきた筈なのに未だ完成しておりません。後2週間頑張ります。

お忙しいと存じますがお出掛け下されば幸いです。

 

・タイトル

  [つなぐ・Fifteen Bamboos for One]

 

・場所

 Azabujuban Gallery

 〒106-0045

 東京都港区麻布十番1-7-2-102

 phone:03-5411-3900  http://azabujuban-gallery.com

 

・期日

 11/7(水)〜11/19(月)

 11:00〜19:00 ※最終日17:00迄

 11/13(火)休廊

 

・オープニングパーティー

 11月7日(水)18:00〜20:00

 

| - | - | - |
残暑お見舞い申しあげます。

お盆も終わりです。広島、長崎の平和式典も例年の如く、終戦記念日となり連日、第二次世界大戦時の映像がTVで流れます。人類ホモサピエンスは何も学ばなかったし今も世界のあちこちで悲惨な出来事が日常のようにおこっています。私も何も学べていません。ただただ竹を切り、繋ぐ日を過ごしています。手を動かしつつ頭は色んな事、異常気象、憲法、原発、貿易摩擦、格差、日本の人口減等々世間と向かいあうべき考えています。でもただ考えるだけですね。

植物で作品を創るのは今の私を自己確認する為、発表するのは私自身を説明する為そして納得してもらうという、いわば自己顕示欲の塊みたいなものですね。おかげで身体はガタガタ、手、腕はもはや限界ですが、制作の先がまだまだ見えてこない。私とアシスタントは1日の休みも取らず働いているのですが。

 

この猛暑の中、2房の藤の花が咲きました。狂い咲きというのでしょうか。いつも春先に刈り込まざるを得ないので初夏に咲く事が出来ない藤です。いつか咲いてやるという藤の意地を見た気がします。私も狂い咲きと言われても咲いてみたいものです。まだまだ暑さが続く中、皆様ご自愛下さい。

 

夏空をバックに咲く藤の花。(わかりづらいですが)

 

ノコギリで切った竹。やっと3分の2位のところです。17本使います。

| - | - | - |
猛暑お見舞い申し上げます。

厳しい暑さが続いております。また先日の大雨の被害には心が痛みます。心よりお見舞い申し上げます。

私の生徒さん達も被害にみまわれ、また無事だった人達もその後の復旧手伝いなど猛暑の中、大変な作業をなさっておられます。明日からその被災地に数日出掛けて行きます。花が何の意味を持つのかわかりませんが束の間の安らぎを感じていただければと思います。

このごろの日本は本当に変ですね。大雨、地震、噴火、猛暑等、天変地異が何か怖くなります。

東京はお盆休み、その間私は秋の個展にかかりきりです。遅々としてはかどりません身体が痛くてたまりませんが、世の中の事に心が痛みつつも私に出来るのはこれしかないと改めて感じています。世の為になど全くなっていないのは承知ですが、これしかないのですね、私に出来るのは。

小さな庭の植物達はこれまた世の中に関係なく自然に移り変わって、すっかり夏です。昨年植えた桔梗が元気に咲きそろっています。

まだまだ暑さが続くと思いますが皆様どうぞご自愛下さい。

 

夏の庭

 

一重、八重各4色あります。

 

グリーンケール

 

水引草

| - | - | - |